コンテンツ

排水管の水漏れの際に役立つレバーハンドル式などの止水栓の閉め方

排水管 水漏れが発覚したらまず最初にやるべきは、問題が発生している水道の使用を直ちに中止し、止水栓を閉める作業です。止水栓を閉めれば、それ以上水が漏れるのを防げます。その後、周囲の物や床が水で濡れていれば雑巾やいらないバスタオルで水分をきれいにふき取ります。そのあとで水漏れの発生源の特定や原因の調査をするなど、冷静に対応しましょう。

■止水栓の見つけ方と閉め方

止水栓は排水管でなく、給水管にあります。止水栓の形状は、主に蛇口のようなレバー型のハンドルを回して閉めるものと、ドライバーや硬貨を溝に差し込んで閉めるものがあります。レバー型のものは手で回すだけで閉められます。どちらも右回りに回すと閉まりますので、固くなるまで回してください。
止水栓はトイレやキッチンなど場所ごとに設えつけられています。トイレの止水栓は、一般的に壁の中からタンクの横に接続する給水管の途中に置かれています。温水洗浄機能付きのトイレの場合は、給水管の止水栓の部分から温水洗浄機用に分岐されています。温水洗浄機用の止水バルブもあるため、間違えないように注意しましょう。
キッチンでは、シンクの下の収納を開けたところの奥にある給水管の途中に止水栓があります。すぐに見当たらない場合は、点検口の扉を開けたところにあるケースも考えられます。洗面台はキッチンと似ていて、下の収納の中にあります。浴室の場合は、蛇口の根元付近に止水栓があります。

■止水栓の場所が分からないときは

止水栓がどこにあるのか見つけられない、あるいはハンドルが固くて回すことができないといった場合は、水道の元栓を閉めます。家にあるすべての水道が止ま、トイレやお風呂も使えなくなるため、注意が必要です。
戸建てでは通常、屋外の家の周囲を探せば見つかります。地中に埋まっていて、フタがしてあります。駐車場なども探してみてください。フタを開けると、丸いハンドルレバーがパイプに付いているのが確認できます。これが元栓です。閉め方は止水栓と同じく、レバーを右回りに回します。マンションでは、玄関出口の横にあるパイプスペースの中に入っています。間違って他の家の元栓を閉めないように気を付けましょう。建物によっては部屋番号が書いてあるので確認します。アパートでは、マンションと同じくパイプスペースか、駐車場などの共用スペースかのどちらかにある場合が多いです。

■まとめ
一軒家でない場合は元栓を閉めることが難しいので、止水栓を閉められないときはすぐに大家さんや管理会社に電話しましょう。下手に触ってしまって間違えるよりは、管理者の判断を仰いだ方が確実です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ