コンテンツ

排水管の水漏れは洗浄すれば直る可能性がある

排水管 水漏れが汚れが詰まっていることが原因で起こっているのであれば、排水管内部を洗浄することで直る可能性があります。排水管の洗浄は、簡単に手に入る物を使って自分で行うことができます。2つの方法を紹介しますので、キッチンや洗面台などで試してみてください。

■パイプクリーナー剤を使う方法

キッチンの排水口は、まずごみ受けや椀トラップを外して目で見えるところをきれいにします。ブラシでこすったら、水で流さずに拭き取るようにしましょう。
油・脂汚れが排水管の内側にこびりついている場合、お湯を流して汚れを落ちやすくします。60度程度のお湯を流しかけていきましょう。このとき、熱すぎるお湯を使うと排水管を傷める原因となりますので、適温を心がけましょう。
あとは、市販のパイプクリーナー剤をパッケージに書かれている用法容量を守って投与するだけです。液体タイプや錠剤タイプなど、いろいろなタイプがドラッグストアやホームセンターで販売されています。塩素系洗剤の場合、酸性のクリーナーなどと混ぜると塩素ガスが発生し、大変危険ですので、くれぐれも他の洗剤と同時に使用しないように注意してください。
30分程度放置したら、水でよく流します。このとき、水がスムーズに流れていかなかったり、ゴボゴボと異音がしたら、すぐに水を止めて水道修理業者に修理を依頼しましょう。

■ワイヤーブラシを使う方法

1メートルほどの長さの掃除用のワイヤーブラシが家庭向けに販売されています。細長いブラシの先端にブラシが付いているものです。トイレのほか、キッチンや洗面台などでも使うことができます。
ワイヤーブラシを使うには、事前に周囲の壁や床などを新聞紙やいらないバスタオルなどで覆っておきましょう。こうすると、掃除して汚れた水が飛び散っても、周囲が濡れたり汚れる心配がありません。
排水管の中に差し込んでS字パイプの部分まで洗浄します。差し込んでいく際に、押したり引いたり、回転させながら進み、奥まで突っ込んで汚れを絡め取ります。あとは、ワイヤーがねじれないように気を付けながら引き抜いていきます。同時に片手でワイヤーに付着した汚れを雑巾で拭き取っていきましょう。最後に先端のブラシが出てきたら、その汚れを拭き取ります。
少量の水を流してスムーズに流れるかどうか確認し、流れないようなら再度ワイヤーブラシを突っ込んで掃除します。

■まとめ
水漏れが起こっている原因が汚れがつまっていることではない場合、洗浄しても効果はありません。自分で原因が何か判断できない場合は、水道修理業者に依頼しましょう。また、自分で洗浄してもまだ水漏れがおさまらない場合も、依頼して直してもらいましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ