コンテンツ

給水管と排水管の見分け方と水漏れの応急処置

排水管には使用後の水が流れていきますが、給水管は使用前のきれいな水が流れています。給水管は管自体の老朽化や部品の劣化などによって、水漏れが発生します。排水管 水漏れと同様に、止水栓を閉めて水道の使用を中止してから落ち着いて対処しましょう。ここでは排水管との見分け方と、水漏れしているときの応急処置の方法を確認します。

■排水管との見分け方

給水管から水漏れが起こっていれば、床やパイプ自体が漏れているはずです。パイプを手で触ることで、水漏れを発見することができます。
台所や洗面所の下の収納を開くと、中に3、4本のパイプがあります。直径が太いパイプは排水管です。排水管以外に細いパイプが床や壁から立ち上っていますが、これが給水管及び給湯管です。水しか出ない蛇口であれば、細い給水管が1本だけ立ち上っています。
トイレでは、壁からタンクの側面に接続していますので分かりやすいでしょう。一方で、浴室の給水管は目に見えないところにあるため目視での確認は難しいでしょう。ただ、蛇口が壁ではなく洗い場のカウンターの上に設置してある場合で、水道を使用していないのにも関わらずカウンターの下から排水口へ水が流れているなら、水漏れの疑いがあります。

■給水管から水漏れしているときの応急処置

原因別に対処法が異なります。つなぎ目に使われているパッキンが劣化して固くなり、そこから水漏れしているケースがあります。パッキンの耐用年数は10年程度ですので、長年使っているなら交換が有効です。止水栓を閉めて古いパッキンを取り外し、ホームセンターやインターネットで新しいパッキンを購入して取り付けます。パッキンは古い物と同じサイズを選択しましょう。サイズが合っていないと、水漏れは解消しません。また、空気に触れると固まる液体状のパッキンも市販されています。
さまざまな要因からパイプ自体が劣化し、水漏れが起こるケースもあります。経年劣化のほか、地震や使用による衝撃により破裂する場合もあります。そのような場合は、破損箇所を漏水テープと呼ばれる補修用テープで巻くことで、応急処置ができます。ただし、漏水テープはあくまで水がそれ以上水が漏れてこないようにするための一時的な対処法に過ぎません。パイプに破損が見受けられるなら事態が悪化しないうちにパイプを丸ごと交換した方が良いでしょう。

■まとめ
液体パッキンや漏水テープは、水回りの補修に役立ちます。液体状のパッキンは数百円から3000円、漏水テープは1000円から4000円程度で購入できますので、家に一つずつ常備しておくといいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ